1988 オランダ代表 ホーム ユニフォーム 半袖 在庫有り

本日は、世界的に「オレンジ軍団」という愛称で知られているヨーロッパ サッカーオランダ代表とユーロ1988着用したオランダ代表 ユニフォームを詳しく紹介いたします。

オランダ代表について:

サッカーオランダ代表は、オランダサッカー協会によって編成されるオランダのサッカーのナショナルチームです。FIFAランキングで1位になった経験を持つ8チームのうち、ベルギー代表とともにFIFAワールドカップ優勝経験が無いチームです。UEFA欧州選手権1988では後にACミラン黄金時代の中核を担うこととなるオランダトリオ(ファン・バステン、ルート・フリット、フランク・ライカールト)を擁したチームで臨み、準決勝で西ドイツに2-1で、決勝でソ連に2-0で勝利し初優勝を果たしました。決勝戦でファン・バステンが決めた難易度の高いボレーシュートは大きな印象を残りました。

残念ながら、UEFA EURO 2016の予選グループA4位で1984年大会以来8大会ぶりに予選敗退となりました。2018 FIFAワールドカップはヨーロッパ予選グループAでフランス、スウェーデン、ブルガリアなどと本大会出場を争いました。その後、グループA3位で4大会ぶりに予選敗退となりました。

1988 オランダ代表 ホーム ユニフォームについて:

このユニフォームはユーロ1988のみで着用された。ユーロ1988西ドイツ大会で見事優勝を飾ったユニフォームとなります。そのときのサプライはドイツのスポーツブランドである「アディダス」です。1988 オランダ代表 ホーム ユニフォームはオランダ伝統的なオレンジを基調にデザインしました。首周りはVネックを採用していますが、白いリブでつけています。Vネック部分には、旧国旗の色を表現した「オレンジ」カラーを配置しています。アディダスの象徴として「スリーストライプス」が白を採用して肩に配置しています。

目を引くのが、連続するオレンジとホワイトの菱形が交差する柄でしょう。UEFA欧州選手権1988でオランダ代表が初優勝を果たしまして、オランダ代表のオレンジのユニフォームに世界の人々によく知られています。当時のホームユニフォームも素敵な1点だと思われます。

今すぐチェック

オランダ代表のスタジアム:アムステルダム・アレナ

ご存知のように、オランダのアムステルダム・アレナはヨーロッパ屈指のスタジアムです。開閉式の天井を備えた全天候型スタジアムで、UEFA によって5つ星認定されています。今日はアムステルダム・アレナを紹介します。

アムステルダム・アレナは、オランダの首都のアムステルダムに位置し、2億200万ギルダーを費やして建てられた天然芝のスタジアムです。長さ105m、広さ 68 mの面積を持っています。それは1996年4月14日に開場しました。収容人数は53,502人で、このスタジアムの1階で駐車場を設置し、2階には食事などのできる場所が配置して、3階がグラウンドとなっています。開場してから、多くの試合はここで開催しました。それに、1996年からアムステルダム・アレナはアヤックスのホームとしてよく使われました。

2000年6月10日から同年7月2日にかけてベルギーとオランダが共催した2000年第11回目のUEFA欧州選手権は8つの都市で開催ました。オランダの試合場はアムステルダム・アレナです。

今日はオランダ代表のスタジアムのアムステルダム・アレナを紹介して、何か不足があったら、ご寛容がお願います。もしオランダ代表のユニフォームを了解したかったら、ここをクリックしてください!

オランダ代表2018年W杯欧州予選メンバー

2017年8月16日にオランダ代表は、2018年W杯欧州予選グループA・フランスとのアウェー戦、及びブルガリアとのホーム戦に向けた代表メンバーを発表します。

以下は2018年W杯欧州予選に臨むオランダ代表メンバー32名を発表します。

Gk:
ヤスパー・シレセン
マールテン・ステケレンブルフ
イェルーン・ズート

DF:
マタイス・デ・リフト
ヨエル・フェルトマン
ケニー・テテ
ウェスレイ・フート
ステファン・デ・フライ
ブルーノ・マルティンス・インディ
ダレイ・ブリント
ナタン・アケ
カリム・レキク

MF:
ドニー・ファン・デ・ベーク
ステフェン・ベルハイス
トニー・ヴィリェナ
イェンス・トールンストラ
マルコ・ファン・ヒンケル
ケビン・ストロートマン
ダヴィ・プレパー
ダヴィ・クラーセン
ジョルジニオ・ワイナルドゥム
ウェスレイ・スナイデル

FW:
アルイェン・ロッベン
バス・ドスト
フィンチェント・ヤンセン
メンフィス・デパイ
クインシー・プロメス
ロビン・ファン・ペルシー
イェレマイン・レンス
ライアン・バベル
エルイェロ・エリア
ユルゲン・ロカディア

2017年オランダ代表チームの写真がまだ発表しなくて、以上の画像は2016年のです。オランダ代表の選手が着用したのは2016年オランダ代表サッカーユニフォームです。

ラファエル・ファン・デル・ファールトについて

小さな天使:ラファエル・ファン・デル・ファールト

地元ファンから「小さな天使」と呼ばれました。ラファエル・フェルディナント・ファン・デル・ファールトは1983年2月11日にオランダ・ヘームスケルク出身のサッカー選手です。現在FCミッティランに所属します。ポジションはMF / FWで、背番号は8番、利き足は左足です。

 

ファン・デル・ファールトはアヤックス、レアルマドリード、トッテナム、など有名なサッカーチームへ多数移籍しました。オランダ代表として、2004年と2008年にはEURO2004 ポルトガル大会やEURO2008 スイス・オーストリア大会に出場し、2006年や2010年FIFAワールドカップ大会も出場して、それに、2010 FIFAワールドカップ大会中で準優勝に貢献し、いい成績を取りました。彼はあまり受賞しなくても、彼の技術的な完成度が高く、非常に素晴らしいプレーヤーです。

もしラファエル・ファン・デル・ファールトのユニフォームが好きだったら、以下のリンクを押してください!

       2016 オランダ代表 ホーム ユニフォーム オレンジ

オレンジ王国 ― オランダ代表

オランダの国旗のカラーは赤、白、青です。でも、オランダは「オレンジ王国」と呼ばれましたが…おかしいでしょう?なぜ?

オランダのオレンジ色の由来は、建国の父である「オラニエ公ヴィレム」の名前です。オラニエ(Oranje)は英語で言うところの”オレンジ色(Orange)”で、現地風に発音するならば、”オランイェ”になりました。その後、他の国王はちゃんと受け継がれています。今までもオランダ国家のカラーはオレンジ色なのです。

オレンジは常に頑丈な色だと認められました。だから、サッカー試合にあると、選手のユニフォームも客席も鮮やかなオレンジ色になります。

サッカーはオランダの国民が大好きなスポーツです。オランダのサッカー文化は、サッカー界に様々な面で影響を与えました。代表戦があれば、国民はオレンジのサッカーユニフォーム、あるいは、オレンジのユニフォームを着て、スタジアムで試合を観覧します。オレンジ波に巻き起こります。観客はこのオレンジ熱は感染しやすく、ファンと一緒にダンスをして、歌を歌い、非常に喜びです。

注目選手ロビン・ファン・ペルシーについて

今日、オランダの注目サッカー選手ロビン・ファン・ペルシーを紹介します。彼のファンたちはぜひご覧になってください。

【選手情報】

国籍:オランダ
生年月日;1983年8月6日
出身地:ロッテルダム
身長;188cm
体重:68kg
ポジション:FW (CF)
背番号:9
利き足;左足
在籍チーム:フェネルバフチェSK

【代表歴】
オランダ代表として3度のワールドカップに出場した。オランダ代表の通算得点の記録の保持者でもある。

【受賞歴】
2005-2015年の国際試合で、オランダ代表としての彼は101回出場、得点総計50点にのぼる。オランダ年間若手最優秀選手賞(2002)、PFA年間最優秀選手賞(2011-12)、FWA年間最優秀選手賞(2011-12)、 PFA年間ベストイレブン(2011-12, 2012-13)、プレミアリーグ得点王(2011-12, 2012-13)などの栄誉をとりました。

平日にはロビン・ファン・ペルシーはサッカーだけでなく、卓球も得意で、アーセナルの時、よくチームメイトとプレーしており、他の選手に卓球の王と呼ばれていました。

彼のユニフォームが欲しいなら、ここをクリックしてください

オランダ代表歴代ユニフォームデザインまとめ!!!

【オランダ代表ユニフォームのデザイン】

  旧国旗の色とオランダ王家にちなんでユニフォームの色をオレンジとしており、世界的に「オレンジ軍団」という愛称で知られている。また1974年のW杯では正確無比なトータルフットボールを展開したことから「時計仕掛けのオレンジ」というあだ名で呼ばれたことがある。

  オレンジという国旗にない色をチームカラーとする世界でもまれなナショナルチームであり、ほかの例としては日本やイタリアの青、ドイツの白がある。

  なおロゴに描かれた「王冠をかぶったライオン」も、オランダ王家の紋章が由来である。

  サッカーオレンジ代表、愛称「オレンジ軍団」は、16世紀のスペインからの独立戦争に功績のあったオラニエ公(オレンジの意味)ウィリアムに由来する。

  オランダ代表エンブレムは、かっこよくおもしろくいです。冠をかぶったライオンを模していて、王室を象徴するものです。「また、オランダの国歌によると、赤は国を守るために戦った国民の勇気をたたえ、白は神の永遠の祝福を願う信仰心を表し、青は祖国への忠誠心を表すとされる。

 

2014 オランダ代表 アウェイ ユニフォーム レプリカ

2014 オランダ代表 アウェイ ユニフォーム レプリカは下図のように。

2014 オランダ代表 アウェイ ユニフォーム 半袖

【特別価格】
3,551円(参考)

【カラー】

【マーキング】
可能

【デザイン】
オランダの“青”は「ナッサウ・ブルー」というオランダ王室を象徴する色。そこに、オランダの生活や風景に欠かせない水の輝きと深さを表現した幾何学模様のグラデーションを取り入れている。

【特徴】
観戦用に作られたレプリカモデルの為、横幅にゆとりがある設計になっている。
メッシュタイプの素材を使用。通気性、汗処理性に優れている。
首の裏側には、ライオンの頭上の冠を用いたオレンジのペナントタブ付き。
協会エンブレムは刺繍ワッペン縫い付け。
協会エンブレムの真下には、KNVBの創設年である1889と、その125周年を記念して2014の年号入り。
メーカーブランドは前続き「NIKE」、メーカーロゴは刺繍。

【機能】
DRI FIT:熱を逃し涼しさをキープ。吸汗機能によりベタつかず快適性を提供します。

【素材】
DRI-FITダブルニット(ポリエステル100%)

ご購入はこちら

サッカー:オランダ代表 情報

オランダサッカー協会/サッカーオランダ代表

Koninklijke Nederlandse Voetbalbond / Netherlands national football team

創設:1889年

所属:UEFA、FIFA

公式サイト:オランダサッカー協会

 

【注目選手】ロビン・ファン・ペルシ

【スポンサー】ナイキ

【愛称】Oranje(オランイェ)オレンジ軍団

世界ランキング】32位(2017年4月)

【主な成績】

1988年西ドイツ欧州選手権#優勝
1974年西ドイツワールドカップ▼準優勝
1978年アルゼンチンワールドカップ#準優勝
2010年南アフリカFIFAワールドカップ▼準優勝
2014年ブラジルワールドカップ#3位

【オランダ代表に印象】

サッカーオランダ代表といえば、サッカーファンたにとってきっとは特別の存在だと思います。サッカー選手たちの技術が抜群の当時、チームの団結力も強いだと思います。サッカーオランダ代表は1974年、1978年、2010年でワールドカップは準優勝を取得しました。それは十分の証だと言えます。ユニックなサッカーオランダ代表ユニフォームも旧国旗の色とオランダ王家(オラニエ=ナッサウ家、かつてオランジュの領主だった)にちなんで色をオレンジとしてデザインしました。

オランダ代表 2016 ホーム ユニフォーム 評価

オランダ代表 2016 ホーム 半袖 ユニフォーム 評価:

2016 オランダ代表 ホーム ユニフォーム

 

  オランダ代表の新ユニフォームがこちら。ホームは伝統のオレンジを基調に、青をアクセントとして配したデザイン。

  ユニフォームの襟、チームエンブレム、両側が青の柄を加入する。オランダの“青”は「ナッサウ・ブルー」という王室を象徴するカラーで、胸部分にはNikeの2016モデル「ヴェイパーキット」の特徴としてメッシュ素材による幾何学模様が描かれている。爽やかな感じが溢れている。

  ソックスはEURO2008モデル以来の青。ただ、オレンジシャツ、オレンジパンツとのコーディネートはチーム史上初めてとなる。

  購入はこちら⇒Worldcup Uniform:サッカーユニフォーム 通販