オランダ代表歴代ユニフォームデザインまとめ!!!

【オランダ代表ユニフォームのデザイン】

  旧国旗の色とオランダ王家にちなんでユニフォームの色をオレンジとしており、世界的に「オレンジ軍団」という愛称で知られている。また1974年のW杯では正確無比なトータルフットボールを展開したことから「時計仕掛けのオレンジ」というあだ名で呼ばれたことがある。

  オレンジという国旗にない色をチームカラーとする世界でもまれなナショナルチームであり、ほかの例としては日本やイタリアの青、ドイツの白がある。

  なおロゴに描かれた「王冠をかぶったライオン」も、オランダ王家の紋章が由来である。

  サッカーオレンジ代表、愛称「オレンジ軍団」は、16世紀のスペインからの独立戦争に功績のあったオラニエ公(オレンジの意味)ウィリアムに由来する。

  オランダ代表エンブレムは、かっこよくおもしろくいです。冠をかぶったライオンを模していて、王室を象徴するものです。「また、オランダの国歌によると、赤は国を守るために戦った国民の勇気をたたえ、白は神の永遠の祝福を願う信仰心を表し、青は祖国への忠誠心を表すとされる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です