オレンジ王国 ― オランダ代表

オランダの国旗のカラーは赤、白、青です。でも、オランダは「オレンジ王国」と呼ばれましたが…おかしいでしょう?なぜ?

オランダのオレンジ色の由来は、建国の父である「オラニエ公ヴィレム」の名前です。オラニエ(Oranje)は英語で言うところの”オレンジ色(Orange)”で、現地風に発音するならば、”オランイェ”になりました。その後、他の国王はちゃんと受け継がれています。今までもオランダ国家のカラーはオレンジ色なのです。

オレンジは常に頑丈な色だと認められました。だから、サッカー試合にあると、選手のユニフォームも客席も鮮やかなオレンジ色になります。

サッカーはオランダの国民が大好きなスポーツです。オランダのサッカー文化は、サッカー界に様々な面で影響を与えました。代表戦があれば、国民はオレンジのサッカーユニフォーム、あるいは、オレンジのユニフォームを着て、スタジアムで試合を観覧します。オレンジ波に巻き起こります。観客はこのオレンジ熱は感染しやすく、ファンと一緒にダンスをして、歌を歌い、非常に喜びです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です