オランダ代表のスタジアム:アムステルダム・アレナ

ご存知のように、オランダのアムステルダム・アレナはヨーロッパ屈指のスタジアムです。開閉式の天井を備えた全天候型スタジアムで、UEFA によって5つ星認定されています。今日はアムステルダム・アレナを紹介します。

アムステルダム・アレナは、オランダの首都のアムステルダムに位置し、2億200万ギルダーを費やして建てられた天然芝のスタジアムです。長さ105m、広さ 68 mの面積を持っています。それは1996年4月14日に開場しました。収容人数は53,502人で、このスタジアムの1階で駐車場を設置し、2階には食事などのできる場所が配置して、3階がグラウンドとなっています。開場してから、多くの試合はここで開催しました。それに、1996年からアムステルダム・アレナはアヤックスのホームとしてよく使われました。

2000年6月10日から同年7月2日にかけてベルギーとオランダが共催した2000年第11回目のUEFA欧州選手権は8つの都市で開催ました。オランダの試合場はアムステルダム・アレナです。

今日はオランダ代表のスタジアムのアムステルダム・アレナを紹介して、何か不足があったら、ご寛容がお願います。もしオランダ代表のユニフォームを了解したかったら、ここをクリックしてください!

オレンジ王国 ― オランダ代表

オランダの国旗のカラーは赤、白、青です。でも、オランダは「オレンジ王国」と呼ばれましたが…おかしいでしょう?なぜ?

オランダのオレンジ色の由来は、建国の父である「オラニエ公ヴィレム」の名前です。オラニエ(Oranje)は英語で言うところの”オレンジ色(Orange)”で、現地風に発音するならば、”オランイェ”になりました。その後、他の国王はちゃんと受け継がれています。今までもオランダ国家のカラーはオレンジ色なのです。

オレンジは常に頑丈な色だと認められました。だから、サッカー試合にあると、選手のユニフォームも客席も鮮やかなオレンジ色になります。

サッカーはオランダの国民が大好きなスポーツです。オランダのサッカー文化は、サッカー界に様々な面で影響を与えました。代表戦があれば、国民はオレンジのサッカーユニフォーム、あるいは、オレンジのユニフォームを着て、スタジアムで試合を観覧します。オレンジ波に巻き起こります。観客はこのオレンジ熱は感染しやすく、ファンと一緒にダンスをして、歌を歌い、非常に喜びです。

サッカー:オランダ代表 情報

オランダサッカー協会/サッカーオランダ代表

Koninklijke Nederlandse Voetbalbond / Netherlands national football team

創設:1889年

所属:UEFA、FIFA

公式サイト:オランダサッカー協会

 

【注目選手】ロビン・ファン・ペルシ

【スポンサー】ナイキ

【愛称】Oranje(オランイェ)オレンジ軍団

世界ランキング】32位(2017年4月)

【主な成績】

1988年西ドイツ欧州選手権#優勝
1974年西ドイツワールドカップ▼準優勝
1978年アルゼンチンワールドカップ#準優勝
2010年南アフリカFIFAワールドカップ▼準優勝
2014年ブラジルワールドカップ#3位

【オランダ代表に印象】

サッカーオランダ代表といえば、サッカーファンたにとってきっとは特別の存在だと思います。サッカー選手たちの技術が抜群の当時、チームの団結力も強いだと思います。サッカーオランダ代表は1974年、1978年、2010年でワールドカップは準優勝を取得しました。それは十分の証だと言えます。ユニックなサッカーオランダ代表ユニフォームも旧国旗の色とオランダ王家(オラニエ=ナッサウ家、かつてオランジュの領主だった)にちなんで色をオレンジとしてデザインしました。