アリエン・ロッベンについて

  今日、オランダの注目のサッカー選手-アリエン・ロッベンを紹介します。アリエン・ロッベンを応援する大ファンたちはぜひご覧になってください。

  アリエン・ロッベンArjen Robben, 1984年1月23日 – )は、オランダ・フローニンゲン州ベドゥム出身のサッカー選手。ブンデスリーガ・バイエルン・ミュンヘン所属。オランダ代表。ポジションはフォワード、ミッドフィールダー。

  ロッベンは地元のクラブ、VVベドゥムでサッカーを始める。FCフローニンゲン在籍時の2000年、16歳でプロデビュー。レギュラーとしてプレーした後、2002年にPSVへ移籍。ここでも1年目から12得点を挙げ、2002-03年度のヨハン・クライフ賞を受賞した。2004年3月、チェルシーFCに入団した。同年6月から7月のEURO2004の後、プレシーズンマッチで怪我を負い、その影響でプレミアリーグのデビューは11月となった。だが、デビュー早々チームの主力選手として活躍し、同月のプレミアリーグ月間最優秀選手賞にも輝いている。その後も怪我に悩まされながらも、チェルシーのプレミアリーグ2連覇(2004-05シーズン、2005-06シーズン)に貢献するなど、中心選手として活躍した。本職は4-3-3の左WGながら、2006-07シーズンにはアンドリー・シェフチェンコの加入によりクラブは4-4-2へとシステムを変更した。

  2007年8月22日、スペインのレアル・マドリードへの移籍が、5年契約・移籍金3600万ユーロで決まる。すぐに左サイドMFのポジションでスターティングメンバーを獲得した。

  2009年8月28日、バイエルン・ミュンヘンへの移籍で合意し移籍することとなった。ロッベンは背番号10を背負うこととなった。フランク・リベリーと共に両サイドから攻撃に参加、デビュー戦となったVfLヴォルフスブルク戦で2得点を挙げた。2010年3月9日のUEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦2ndレグのACFフィオレンティーナ戦ではミドルシュートを決め、また4月7日の準々決勝2ndレグのマンチェスター・ユナイテッドFC戦でもコーナーキックからボレーシュートを決めた。シーズン終了後にはドイツ年間最優秀選手に選出された。

  2010-11シーズン、2010 FIFAワールドカップでの負傷の影響でチームへの復帰は翌年1月まで遅れたが、リーグ14試合で12得点8アシストを記録した。

  2011-12シーズンは2度目のUEFAチャンピオンズリーグ決勝進出を果たすが古巣のチェルシーに敗れ、またも準優勝に終わった。

  2012-13シーズン、ブンデスリーガを当時史上最速で優勝すると、2年連続でUEFAチャンピオンズリーグ決勝に進出、同じドイツの最大のライバルであるボルシア・ドルトムントを破って悲願の優勝を果たした。DFBポカールも優勝し、ドイツ史上初の3冠達成に貢献した。同年にはUEFAスーパーカップ、FIFAクラブワールドカップでも優勝、この年5冠を達成した。

  2016年11月1日、UEFAチャンピオンズリーグ第4節のPSV戦で古巣に凱旋した。