オランダ代表歴代ユニフォームデザインまとめ!!!

【オランダ代表ユニフォームのデザイン】

  旧国旗の色とオランダ王家にちなんでユニフォームの色をオレンジとしており、世界的に「オレンジ軍団」という愛称で知られている。また1974年のW杯では正確無比なトータルフットボールを展開したことから「時計仕掛けのオレンジ」というあだ名で呼ばれたことがある。

  オレンジという国旗にない色をチームカラーとする世界でもまれなナショナルチームであり、ほかの例としては日本やイタリアの青、ドイツの白がある。

  なおロゴに描かれた「王冠をかぶったライオン」も、オランダ王家の紋章が由来である。

  サッカーオレンジ代表、愛称「オレンジ軍団」は、16世紀のスペインからの独立戦争に功績のあったオラニエ公(オレンジの意味)ウィリアムに由来する。

  オランダ代表エンブレムは、かっこよくおもしろくいです。冠をかぶったライオンを模していて、王室を象徴するものです。「また、オランダの国歌によると、赤は国を守るために戦った国民の勇気をたたえ、白は神の永遠の祝福を願う信仰心を表し、青は祖国への忠誠心を表すとされる。

 

2014 オランダ代表 アウェイ ユニフォーム レプリカ

2014 オランダ代表 アウェイ ユニフォーム レプリカは下図のように。

2014 オランダ代表 アウェイ ユニフォーム 半袖

【特別価格】
3,551円(参考)

【カラー】

【マーキング】
可能

【デザイン】
オランダの“青”は「ナッサウ・ブルー」というオランダ王室を象徴する色。そこに、オランダの生活や風景に欠かせない水の輝きと深さを表現した幾何学模様のグラデーションを取り入れている。

【特徴】
観戦用に作られたレプリカモデルの為、横幅にゆとりがある設計になっている。
メッシュタイプの素材を使用。通気性、汗処理性に優れている。
首の裏側には、ライオンの頭上の冠を用いたオレンジのペナントタブ付き。
協会エンブレムは刺繍ワッペン縫い付け。
協会エンブレムの真下には、KNVBの創設年である1889と、その125周年を記念して2014の年号入り。
メーカーブランドは前続き「NIKE」、メーカーロゴは刺繍。

【機能】
DRI FIT:熱を逃し涼しさをキープ。吸汗機能によりベタつかず快適性を提供します。

【素材】
DRI-FITダブルニット(ポリエステル100%)

ご購入はこちら

サッカー:オランダ代表 情報

オランダサッカー協会/サッカーオランダ代表

Koninklijke Nederlandse Voetbalbond / Netherlands national football team

創設:1889年

所属:UEFA、FIFA

公式サイト:オランダサッカー協会

 

【注目選手】ロビン・ファン・ペルシ

【スポンサー】ナイキ

【愛称】Oranje(オランイェ)オレンジ軍団

世界ランキング】32位(2017年4月)

【主な成績】

1988年西ドイツ欧州選手権#優勝
1974年西ドイツワールドカップ▼準優勝
1978年アルゼンチンワールドカップ#準優勝
2010年南アフリカFIFAワールドカップ▼準優勝
2014年ブラジルワールドカップ#3位

【オランダ代表に印象】

サッカーオランダ代表といえば、サッカーファンたにとってきっとは特別の存在だと思います。サッカー選手たちの技術が抜群の当時、チームの団結力も強いだと思います。サッカーオランダ代表は1974年、1978年、2010年でワールドカップは準優勝を取得しました。それは十分の証だと言えます。ユニックなサッカーオランダ代表ユニフォームも旧国旗の色とオランダ王家(オラニエ=ナッサウ家、かつてオランジュの領主だった)にちなんで色をオレンジとしてデザインしました。

オランダ代表 2016 ホーム ユニフォーム 評価

オランダ代表 2016 ホーム 半袖 ユニフォーム 評価:

2016 オランダ代表 ホーム ユニフォーム

 

  オランダ代表の新ユニフォームがこちら。ホームは伝統のオレンジを基調に、青をアクセントとして配したデザイン。

  ユニフォームの襟、チームエンブレム、両側が青の柄を加入する。オランダの“青”は「ナッサウ・ブルー」という王室を象徴するカラーで、胸部分にはNikeの2016モデル「ヴェイパーキット」の特徴としてメッシュ素材による幾何学模様が描かれている。爽やかな感じが溢れている。

  ソックスはEURO2008モデル以来の青。ただ、オレンジシャツ、オレンジパンツとのコーディネートはチーム史上初めてとなる。

  購入はこちら⇒Worldcup Uniform:サッカーユニフォーム 通販